メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 輸入車のボルボが2年連続で“今年の車”に!? ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…, ボルボが日本で売れている理由とは? 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 日本カー・オブ・ザ・イヤー(2018-19)は、ボルボ XC40が最優秀のイヤーカーに選ばれた。昨年のボルボ XC60に続いて輸入車初の2連覇となる。そもそも、輸入車のイヤーカー選出は、5年前のフォルクスワーゲン(VW) ゴルフが初。ボルボの2回を入れても、39回開催された同賞のうち僅か3回だけしかない“レアケース”だ。, もちろん、良いクルマだからこそ、ボルボ XC40はイヤーカーに選出されたわけ……なのだが、「(価格が)相応に高いんだから良くて当たり前」、「また輸入車なの?」という穿った見方もできる。実際、ボルボ XC40の価格は389万円~で、実質的な購入価格は400万円超。高級車か? といえば微妙な線ながら、少なくとも“誰でも買える大衆車”という価格ではなかろう。, とすれば、気になるのは、その値段を差し引いても優れた商品といえるか。いわば「言うほど良いクルマなのか」ということ。最近のボルボってそんなに良いの?, 現行型のV40。日本車ではインプレッサやアクセラに近い車格ながらショートワゴン風のスタイルをもつ5ドアHB。新世代ボルボを象徴するモデルとして日本では2013年にデビュー, 輸入車の2連覇は今回のボルボが初めてのことである。実際、近年のボルボの商品性は目覚ましく向上している。“近年”とは、ボルボが中国資本傘下となった2010年以降のことである。, その前、ボルボは1990年代の世界的な自動車業界再編の中で米国フォードの傘下となった。同じく、日本のマツダもフォード傘下となっている。これにより、ボルボもマツダも、フォードと部品の共通化がはかられ、プラットフォームやエンジン・トランスミッションなどを共通としながら、その中で独自の商品性を追求してきた。, その後、ボルボもマツダもフォード傘下を離れて独自路線を歩むことになった。マツダのその後の活躍は、魂動デザインの独創性や、SKYACTIVエンジン、シャシー性能の向上、物づくり革新による生産性の改善は広く知られるところであり、2012年の新世代商品群第1弾であるCX-5以降、マツダ車の人気は高まり、販売台数を伸ばしてきた。, 同じように、中国資本に支えられたボルボも、2012年のV40以降、日本での人気を急速に高めている。操縦安定性においても、ポールスターと呼ばれるスポーティ仕様を中心に実力を上げ、今日では標準的な車種においても操縦安定性と乗り心地の調和のとれた、乗って、運転して快い商品力を身に着けている。, また、排気量2.0Lの直列4気筒を超えるエンジンは作らないと割り切り、ガソリンとディーゼルの設計を共通化するとともに、過給や電動化などで上級車種への対応と環境性能の両立をはかっている。, 今年のイヤーカーとなったボルボ XC40。全長×全幅×全高は4425×1875×1660mmで、2Lターボエンジンを搭載するミドルSUVだ, ことに、3年前にXC90から導入された新開発のプラットフォームによる商品群は、その後のV90、S90、XC60、V60などへの展開が進むに従い熟成の度合いを高めている。そしてXC40は、新プラットフォームの小型車版として初の導入であり、今後小型の車種へと展開されていく。, また、車種の構成において、ボルボは上下の関係を否定し、40シリーズが廉価版で、90シリーズに至る上級車種になるほど高級といった従来型の価値観を覆そうとしている。, それを靴に例え、フォーマルな装いの際に履く靴と、よそ行きな装いの時に履く靴、そしてカジュアルで遊びに出るときに履くスニーカーといったように、同じ人でもTPOで靴を履き替えるように、クルマも、その人のライフスタイルや、用途によって選び方が違っていいはずだとする。, なおかつ、同じ車種でも、グレード分けとは上級と下級ではなく、その人の好みに応じた選択だとする。, そのなかに、ボルボらしい造形や品質、動力性能や操縦安定性、そしてボルボならではの安全を基本的価値として保つクルマづくりを推進している。, XC40についても、小型SUVならではの個性を発揮した外観の造形があり、それは上級車種とは違った躍動感を表している。室内も物入れなどを充実し、日々の生活や仕事の中で必要な荷物や道具を整理して収められる機能性を上級車種に比べ充実している。その配慮は、日本の軽自動車での取り組みのようでさえある。, クルマとしての基本性能の充実と、「車格」という言葉を否定する選択の幅を持った商品体系、そして顧客の要望に応える商品性の充実により、今日のボルボは選んで損のない満足度の高い製品となっている。その意味で、2年連続のイヤーカーの称号は伊達ではない。, オーリスに替わって日本仕様もカローラの名を与えられたカローラスポーツ。5ナンバーのアクシオ、フィールダーと異なり、こちらは3ナンバー車となる, 一方、選考委員一人に与えられる投票数のうち最高の10点をもっとも多く得たのはトヨタ カローラスポーツだった。しかし、トヨタはクラウンも選考対象車だったため、得票が2台へ割れることになった。, 筆者も、10点はクラウンに投じた。次の6点は三菱 エクリプスクロス、4点をホンダ クラリティPHEV、そしてXC40に3点、VWポロに2点の配点だ。, クラウンは、これまでロイヤル/アスリート/マジェスタと個性を分けた選択肢を用意してきたが、新型では改めてクラウンという価値を一つに集約してきた。そのなかに、ロイヤル/アスリート/マジェスタの特徴も集約されている。, そして、ドイツのニュルブルクリンクで試験走行を行うなど、世界的な4ドアセダンと競合する走行性能を磨きながら、同時に、国内専用車として伝統的なクラウンらしい乗り味を残してもいるのである。, ボルボ XC40が集めた得点は363点。2位カローラスポーツは314点でその差は僅差。多くの選考委員から満遍なく得点を集めたことが受賞につながった, 世界の自動車市場において、日本市場の販売寄与率は下がってきており、日本の国情に最適な新車が減ってきている。, その点では、カローラスポーツもグローバルカーとして開発されており、今後国内市場を視野に入れた4ドアセダンとステーションワゴンが追って発売される予定だが、少なくともカローラスポーツは世界を視野に作られている。, それに対し、競合他社と遜色ない走りと、独自の乗り心地を満たしたクラウンを、日本の消費者の一人として応援したかったというのが、私の10点の理由だ。, エクリプスクロスもクラリティPHEVも、グローバルカーではあるが、日本車として完成度の高いクルマである。その2台は、カローラスポーツやXC40、ポロと比べても遜色ない魅力あるクルマだ。, 事実、クラリティPHEVをのぞいて、それら各車はトップ5に入っている。またクラリティPHEVは、イノベーション部門の特別賞を受賞している。, 今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、混戦模様であったといえる。いずれも、魅力あるクルマがそれぞれの個性を発揮していた。, そのなかで、選考委員60名のうち59名が何らかの配点をし、全方位で商品力を磨いたXC40がイヤーカーになったといえるだろう。, 機能よりモノっぽさで勝負!? 164は、1シリーズの6気筒エンジンと4ドアを備えていた。, しかし、このルールには例外もあった。例えば780は、直列4気筒ターボチャージャーと自然吸気のV6ガソリンエンジン、直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載していたが8気筒エンジンはなかった。同様に、760には直列4気筒ターボチャージャーが装備され、360には直列4気筒しか搭載されていなかった。 ボルボ・カー・コーポレーション(Volvo Car Corporation )、通称ボルボ・カーズ(Volvo Cars)は中国・浙江吉利控股集団の傘下にあるスウェーデンの自動車会社である。スウェーデンのイエーテボリに本社と工場がある。ボルボ・カーズの前身は、ボルボ・グループ(いわゆるトラック部門や船舶エンジン部門で構成されるコングロマリット)の乗用車部門である。, 1924年、アッサール・ガブリエルソン、グスタフ・ラーソンによってスウェーデンでの自動車製造の計画が始まる。SKF社の後援で、1926年に自動車メーカーのボルボが誕生し、ボルボブランドの乗用車製造が開始される。 ボルボの2019年の世界販売台数は、前年比9.8%プラスとなる70万5452台を記録した。, 地域別でみると、欧州が前年比7.2%増の34万605台と回復傾向で4年連続のプラスとなり、中国が同18.7%増の15万4961台、米国が10.1%増の10万8234台で、そのほかが6.4%増の10万1652台、日本でも6.8%増の1万8583台を販売した。, 日本における純輸入車ブランドの新規登録台数で、このところずっと上位3位はドイツの3強のいずれかであり、4位がアウディ、5位がBMW MINI、6位がボルボという定位置となっている。, 2019年はここ数年優勢なメルセデスベンツが6万7554台で1位となり、2位に4万6814台のBMW、3位に4万6794台のフォルクスワーゲンが僅差でつづき、4位に2万4222台のアウディ、5位に2万3813台のBMW MINIがこれまた接戦を見せ、これらドイツ勢に次いでボルボとつづく。ちなみに7位は1万3360台のジープだ。, 参考までにボルボのこの10年余の新規登録台数を見ると、2008年が 7657台だったから、2019年の時点で2.4倍になっている。, もともと日本ではボルボのブランドイメージは高かった。それは「安全」への徹底したこだわりはもちろん、ちょっと控えめながらステイタス性もある知的な雰囲気など、ドイツのプレミアム勢とはひとあじ違った魅力に惹かれるユーザーが少なくなかったからだといえる。, 1990年代半ばからは850、V70が大いに人気を博したことも思い出される。ところが2000年代に入ると事情により低迷し、2010年代前半にやや回復するも、2013~2014年にかけて再び落ち込んだ。, そして現在は、そこからまたV字回復をはたした格好になっている。2017年にはXC60、2018年にはXC40と2年連続して日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのも記憶に新しい。, 日本の輸入車市場は依然としてドイツ勢が圧倒的に強いのは周知の事実だが、こうして非ドイツ系の急先鋒といえるボルボが見せる近年の好調の背景を見ていきたい。, ボルボ好調は持ち前のイメージのよさに加えて、いくつか要因が考えられる。そのひとつがデザインだ。, かつてボルボはデザイン的にはあまり評判がよろしくなかったのは否めないが、2010年頃から方針を転換し、躍動感のあるデザインを取り入れるとともに、スポーティなR-DESIGNを訴求したことなどが功を奏してイメージは大きく変わった。, さらには2016年に登場した2代目XC90から始まった新世代のボルボは、それまでのダイナミックさとは異質のエレガント路線に舵を切ったのも成功した。最近とりわけ評判がよいのが、流麗なラインを描くS60のリアビューだという。, また、世の中がダウンサイジング指向となるなか、2L以下で4気筒以下のエンジンしか作らないという方向性を明確に打ち出したのもよかった。, 他のプレミアムブランドでは2Lの4気筒エンジンというのはどうしても廉価版的な印象があるのに対し、ボルボの場合はそれがない。さらには出来のよいディーゼルのラインアップを日本市場でもいちはやく充実させたことも賢明だった。, プレミアムカーは特定のブランドを乗り継ぐユーザーが少なくないが、いっぽうでは買い替えのタイミングでブランドを問わず出来のよい車種を探して渡り歩くユーザーも少なくないというが、ボルボはそうしたユーザーにも大いに受け入れられた。, それには件のデザインのよさや安全性の高さに加えて、ドイツの競合勢にもひけをとらないブランド力を持ちながら価格がリーズナブルであることも効いたようだ。, 近年はSUVが好調だ。ボルボ全体のグローバルの最量販モデルはXC60で、2019年には前年比は9.4%増過去最高となる20万4965台を販売した。, 新世代のボルボを象徴する美しい内外装デザインはもちろん、優れた快適性とこのクラスのSUVに求められる機能性を高い次元で併せ持つことが世界中のユーザーに支持されているからにほかならない。, 日本ではボディサイズの小さいXC40のほうが売れている。2019年の世界販売台数は13万9847台だ。, こちらも高い基本性能はもとより、ブルドックをモチーフにしたという独特のスタイリングや、これまで硬いイメージの強かったボルボとしては意表を突く遊び心のあるインテリアも受けている。, 日本導入当初より人気が高く受注が殺到したが、日本向け車両の生産割当の問題で納車まで時間を要する期間が長らく続いたほどだった。, 新世代ボルボの皮切りとして登場したSUVのフラッグシップであるXC90も、登場から時間が経過していながらも2年連続で伸び、前年比7%増の10万729台と根強い人気を見せる。, Dセグメントのセダン/ワゴンであるS60/V60も評価は上々だ。こちらも新世代ボルボデザインをはじめ、スポーティな走行性能とその完成度が高く評価されている。, 販売戦略においては、S60については選択肢がめっきり少なくなった日本車のラージセダンからの代替え需要を狙うことを明言している。, 日本向けのV60には設定ないT4をS60には設定して価格を抑え、日本車と大差ない価格帯から選べるようにしたのもその一環だ。, なお、ハッチバックのV40は、同カテゴリーのSUV人気が高いことを受けて廃止の方針とされた。, この先、ボルボぐらいの規模の自動車メーカーが生き残っていくのはますます難しい時代を迎えそうだが、ボルボならきっと新しい何かを見せてくれることに違いない。, 【ボルボの日本でのラインナップ&価格帯】■SUV・XC40:396万2037~569万3519円・XC60:625万3704~722万1297円・XC90:813万7963~1359万円, ■ワゴン・V40:304万5370~421万6667円・V60:514万~779万円・V90:694万~994万円, ■クロスカントリー・V40クロスカントリー:360万5556~467万5000円・V60クロスカントリー:564万~664万円・V90クロスカントリー:724万~814万円, 「アーマーゲー」と呼ばないで! ボルボは昔から日本人が好きな輸入車メーカーだが、ここ数年はドイツ車に迫る販売台数をマーク。2019年度の販売台数を見ると、1位メルセデス、2位VW、3位BMW、4位アウディ、5位MINIに次ぐ6位と大健闘している。. 2018年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞, CO₂排出量と燃料消費の少なさに、きっと驚かれるに違いありません。効率的でクリーンなXC60の走りを、あなた自身のドライビングでお確かめください。, XC60に用意された5つのシートは、いずれも心地よく身体を支えられるように入念にデザインされています。車内で過ごす全員が、乗るたびに快適さを実感するはずです。, XC60のラゲッジスペースは、リアシートのシートバックの高さまでで505リッターと大容量。リアシートのシートバックを折りたためば1444リッターにまで拡大します。, XC60のゆとりあるパワーは、そのすべてをあなたが必要とする場面で即座に引き出すことができます。, 端正なデザインの美しいインテリア、自然に扱えるテクノロジー、そして走らせること自体を楽しめるドライビングフィール。それらが一体となった、スウェーデン生まれの力強いSUVの進化形、XC60をご紹介しましょう。, 走らせるたびに実感できるドライビングへの自信と意のままの操縦性をもたらす洗練されたシャシー, XC60 T8 Twin Engine AWDのプラグインハイブリッドシステムならお望みどおりのパワーを最小限の排出ガスで引き出せます, 美しいデザインと機能性を兼ね備えたアクセサリーでライフスタイルをもっと充実させることのできるXC60に仕上げましょう, XC60ならではの自信に満ちた力強さと北欧デザインによって描き出された独自のスタイリングをフォトギャラリーでお確かめください。, 2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーと2018年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーの2冠に輝いた、ボルボXC60。北欧に生まれたミッドサイズのクロスオーバーSUVならではの個性に満ちあふれるXC60には、数多くの革新的テクノロジーが搭載されています。多彩な機能へのアクセスやグローバルなコンタクトを直感的な操作で可能にする、先進のコミュニケーション機能もそのひとつです。卓越したクラフトマンシップを注ぎ込んだ室内は、毎日のさまざまな用途に応えられる多用途性を実現。また運転席では、ステアリングホイールを握るあなたが意のままに操作できる運転環境を整えました。洗練されたシャシーがもたらす快適性と操縦性のベストバランスをお楽しみください。もちろん、あなたの大切な家族やゲストを守る、最新の安全・運転支援機能は標準装備されています。これがスウェーデンで生まれた、力強いSUVです。その進化は止まりません。, すべての良質な北欧デザインがそうであるように、XC60のスタイリングは整然としたラインとダイナミックなプロポーションで描き出されています。そしてそれは、XC60が内に秘めた深い自信の表れにほかなりません。大径アルミホイールとその周囲に描かれるくっきりとしたホイールアーチがアスリートとしての資質を伝えるとともに、インテグレーテッド・ルーフレールと堂々としたサイドモールディングがSUVとしての適応能力の高さを際立たせます。, XC60にはボルボを象徴するデザインアイコンであると同時に夜間の視界をクリアに確保する、高光量のLEDヘッドライトが標準装備されています。しかも、ほかの道路利用者を照らす部分だけを自動的に遮光するフル・アクティブ・ハイビームを搭載しているので、ハイビームのままで走行していても対向車のドライバーを眩惑する心配がありません。暗闇の先へと延びるコーナーではステアリングホイールの操作に照射方向を連動させるアクティブベンディング機能により、進行方向を明るく照らし出します。, XC60には、卓越した快適性と操縦性を両立するシャシーが備えられています。フロントがダブルウィッシュボーン式、リアがインテグラルアクスルを採用するとともに強靱な軽量素材を用いたマルチリンク式の洗練されたサスペンションにより、俊敏なハンドリングと応答性に優れるステアリングフィールを実現しました。, SUVならではの適応力を一段と高めるため、XC60には電子制御4輪エアサスペンション*が用意されています。地上高を一定に保ったまま路面の不整をなめらかに吸収し、コーナーでは安定したコントロール性を発揮する装備です。走行中は選択したドライブモードや車速に応じてエアサスペンションの応答性や地上高を自動調整。「Comfort」と「Eco」の両モードでは高速走行時に10mmから20mmの範囲で地上高が下げられ、「Dynamic」モードでは常時20mm低いセッティングでスポーティなハンドリングに貢献します。, そのときの気分や走行状況に合わせてドライビングフィールを変更できる、ドライブモード・セッティングを搭載。選択したドライブモードに応じてエンジン、オートマチック・トランスミッション、ステアリング、ブレーキ、スポーツモード付ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)、エンジン・Start/Stop機能の各特性が最適な状態に切り替わりますので、3つのセッティングからお好みに合わせてお選びください。さらに、各特性を自由に組み合わせることのできる「Individual」モードも用意されています。ドライブモードの変更はフロントシート間に設置されたローラースイッチにより、9インチのセンターディスプレイに表示された項目から選ぶだけです。, さまざまな用途に応えられるXC60の広大な室内空間に触れてみれば、思いがけない新しい使い方を見つけられるかもしれません。後席のレッグルームを最大限に確保できるように考えてデザインされたシートや、シートバックの高さまでで505リッター、リアシートを折りたたむと最大1444リッター*の大容量を誇る、荷物を積み込みやすい形状のラゲッジスペースなど、XC60の室内空間には数々の工夫が凝らされています。リアシートのシートバックは電動可倒式なので、スイッチひとつで前に倒すことができます。, XC60は全モデルに、荷物を積み降ろしする際に便利なパワーテールゲートを標準装備。リモコンキーやテールゲート、ダッシュボードに設置された開閉ボタンを押すだけで、テールゲートを自動開閉させることができます。両手が荷物でふさがっているときもご安心ください。リアバンパーの下で足を動かすだけでテールゲートを開閉できる、ハンズフリー・オープニング/クロージング機構も搭載されています。, XC60のインテリアを形作るもの。それは使いやすさと機能性を兼ね備える、磨き抜かれた北欧デザインです。整然としたレイアウトが醸し出す落ち着いた雰囲気のなかで安全に心乱されることなくドライビングを楽しむあなたを包み込む、スウェーデンらしさあふれる独自のラグジュアリー感をお確かめください。, シンプルでありながら考え抜かれたXC60のキャビンに乗り込んだあなたの目に映る、美しく仕上げられたタッチスクリーン式センターディスプレイや、スリムな縦形デザインにメタル仕上げのルーバーを配した特徴的なエアベントをはじめとするディテールの美しさ。エアベントのノブ、エンジンスタートボタン、ドライブモード・セッティングのローラースイッチ、そしてステアリングホイールのキーパッドに施された柔らかなダイヤ目のローレットもまた、あなたの感性を刺激するはずです。そうした現代的なクラフトマンシップは、XC60のために厳選されたマテリアルにも注ぎ込まれています。ボルボが大切にするスウェーデンの伝統的マテリアルとしてInscriptionに採用される、流木の質感や風合いを再現したドリフト・ウッド・パネルもそのひとつ。ぜひあなた自身の目でお確かめください。, XC60のキャビンに明るい日差しをたっぷりと注ぎ込めるチルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフ*は、前後席の両方を十分にカバーできるほどの大きさ。どのシートに座っていても、空と光を存分に満喫できます。暑さや紫外線を和らげる濃色ガラスに加えて電動サンシェードも備えられているので、日差しの強い日にも安心です。また、フロント側はボタン操作でチルトアップや開閉が可能。サンルーフを開けたままクルマを降りてしまっても、リモコンキーのロックボタンまたはドアハンドルボタンで車外から閉じることができます。, XC60に搭載されているさまざまな機能の操作は、そのほとんどがタッチスクリーン式センターディスプレイに集約されています。センターディスプレイは手が届きやすいダッシュボードの中央に美しく収められ、鮮明なグラフィックと、ボタン数を最小限に抑えたデザインにより視認性も良好です。また、9インチの大画面を縦に配置したレイアウトは各種の情報やマップを把握しやすく、手袋を着用したまま操作できるほど応答性にも優れています。, 扱いやすい操作性はテクノロジーをさらに有益なものにすると、私たちは考えています。XC60とのコミュニケーションが直感的に行えるのは、その考え方に基づいて設計されているからです。12.3インチのデジタル液晶ドライバー・ディスプレイは、重要な情報をドライバーのすぐ目の前に表示。周囲の明るさに応じて輝度が自動的に調整されるので、いつでも見やすさは変わりません。, ボルボXC60 Recharge Plug-in hybrid T8 AWDに搭載されるプラグインハイブリッドパワートレーンは、あなたの意思に即座に応えることのできるレスポンスを備えています。前輪を駆動する4気筒ガソリンエンジンと後輪を駆動する電気モーターの組み合わせは、スポーツカーに迫るほどのパフォーマンスを発揮。発進した瞬間から力強さを実感できる、なめらかな加速を披露します。また、AWDのトラクションが求められる場面でもふたつのパワーユニットを同時に稼働させることで、駆動力を可能な限り効率的に路面へと伝達します。, XC60 Recharge Plug-in hybrid T8 AWDには、さまざまなドライビングスタイルに対応するドライブモード・セッティングが標準装備です。電気モーターのゆとりあるパワーのみを使用して走行する「Pure」モードは、平均的な日常の用途には十分な航続距離が確保されています。排出ガスをまったく発生させず、ほとんど走行音のない優雅な走りをお楽しみください。「Power」モードでは、ターボチャージャーとスーパーチャージャーのふたつの過給器を搭載したガソリンエンジンとパワフルな電気モーターが同時に稼働。アクセルペダルを踏み込んだ瞬間に、思いどおりの加速が得られます。通常時は標準設定の「Hybrid」モードが最適です。このモードではガソリンエンジンと電気モーターのどちらか一方、または両方が自動的に選択され、なめらかで高効率な走りを満喫していただけます。, XC60はプラグインハイブリッドシステムの搭載を前提に設計されているため、Recharge Plug-in hybrid T8 AWDモデルでも、電気モーターとバッテリーによる室内空間やラゲッジスペースへの干渉や重量配分の偏りはありません。バッテリーは充電設備に接続するだけで充電できるほか、低速で走行しているあいだにもブレーキ回生やジェネレーターにより自動的に充電されます。また、パワフルなガソリンエンジンだけでも走り続けられるので、ドライブ中に充電しなければならなくなる心配はありません。, 移動中も、お気に入りの音楽を楽しんだり車外の人たちと連絡を取り合いたいとお考えなら、XC60にお任せください。高音質を誇るオーディオシステム、先進のコミュニケーション機能、そしてさまざまなエンターテイメントメディアや通知に対応するアプリを備えるXC60なら、そのすべてがあなたの思いのままです。しかも、ボルボ車に搭載された革新的テクノロジーは、いずれも人を中心に置いて開発されているため、初めて触れたときから迷うことなく操作できます。, あなたのお気に入りの音楽は、XC60の室内空間を彩るインテリアの一部です。プリインストールされたSpotifyアプリを活用すれば、新しい音楽との出会いも思いのまま。また、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応しているので、お手持ちのスマートフォンとの接続も簡単です。インターネット接続をサポートするSENSUS CONNECTにより、お望みのアプリを追加したり、インターネットラジオやオーディオブックを車内で楽しむこともできます。, XC60には、駐車を支援する360°ビューカメラが標準装備。自車を真上から見下ろしているかのようなバードアイ映像が大画面のセンターディスプレイに表示されるので、周囲の車両や障害物との位置関係をひと目で確認できます。狭いスペースでの取り回しの際にも心強い味方となるこの機能を活用して不意の接触を避け、XC60の美しいスタイリングをお楽しみください。, パイロット・アシスト(車線維持支援機能)を利用すれば、混雑した交通状況による運転の疲れを最小限に抑えることができます。設定された速度と前走車との車間距離を自動的に保ちながら、走行している車線の中央付近を保持できるようにステアリングを穏やかに自動修正するパイロット・アシストは、130km/hまでの車速に対応しています。高速道路のような走行条件でとくに効果を実感できるはずです。, 車庫入れはパーク・アシスト・パイロット(縦列・並列駐車支援機能)にお任せください。駐車枠が十分な広さかどうかまでを判断できるこの機能は、縦列駐車なら全長のわずか1.2倍のスペースがあればステアリングを自動操作して駐車枠内に収めることが可能で、並列駐車にも対応しています。あなた自身が操作するのはブレーキとアクセル、それにシフトレバーだけ。操作するタイミングはセンターディスプレイに表示されます。, ボルボが何よりも大切にしているもの。それは人びとを守ることです。私たちは数十年にわたって世界をリードしてきた安全に対する取り組みのすべてを注ぎ込み、XC60の車内をあなたとあなたの大切なゲストが安全に過ごせる空間に仕上げました。乗員を守る防護ケージとして機能するボディ構造には、クルマに使われる鋼鈑のなかでももっとも強度が高いウルトラハイストレングススチール(ボロンスチール)を使用。万が一の際にはキャビン前後のボディ構造が衝突のエネルギーを分散するクランプルゾーンとして機能し、乗員を衝撃から保護します。, ボルボのCity Safetyは、潜在的な危険を予見して事故を未然に防ぐために開発された、革新的な安全装備です。City Safetyはミリ波レーダーとカメラにより、昼夜を問わず前方に現れた他車や歩行者、サイクリスト、大型動物を識別し、衝突の危険が検知された場合はドライバーに対して警告。さらに、一定時間内に回避操作が行われない場合は自動(被害軽減)ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の軽減を図ります。XC60のCity Safetyには、危険回避のためのステアリング操作をより効果的かつ安全に行うことができるように支援するステアリング・サポート機能が新たに追加されています。, XC60に標準装備されているランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)は、自車が道路から逸脱する危険を防ぐための安全装備です。ボルボが開発したこの革新的な安全装備は、車速65km/hから140km/hで走行中に意図せず道路から逸脱する危険を検知すると、ステアリングを自動修正して危険回避を図ります。さらに、必要に応じて元の車線へ戻すためのブレーキ制御も行います。, 実用的で高品質なアクセサリーを活用して、XC60が生まれ持った多用途性をさらに向上させましょう。ラゲッジスペースの美観を新車同然に保つことのできるラゲッジマットや丈夫で軽量なバイシクルホルダー、美しくデザインされた大容量のルーフボックスなどの豊富なラインナップから、あなたのライフスタイルに合わせてお選びください。, 幅広く用意されたエクステリア用アクセサリーで、あなたらしさにあふれるコーディネートをお楽しみください。すべてのアイテムはボルボのデザイナーによって設計され、アスリートを思わせるXC60のスタイリングをいっそう際立たせるように仕上げられています。フロント・スポイラー、リア・ディフューザー、ステンレス製のフロントおよびリア・スキッドプレート、専用デザインのエンドパイプ・ダブルをセットにしたエクステリア・スタイリング・キットもご用意しています。, City Safetyは、前方に現れた他車、歩行者、サイクリスト、大型動物を昼夜を問わず識別し、必要に応じてドライバーに警告。衝突の危険があると判断された場合は自動(被害軽減)ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の軽減を図ります。さらにXC60のCity Safetyには、ボルボ初となる対向車対応機能も新たに追加されました。自車線に進入して接近する対向車を検知した際に、自動(被害軽減)ブレーキを作動させて衝突時の衝撃緩和を支援する、最新の安全機能です。, ケア・キーを使用することにより、車両に制限速度を設定することができます。若年運転者等に車両を貸し出す場合などにケア・キーを使用することで事故の危険を減らすことを目的としています。キーのその他の機能は、通常のリモートコントロールキーと同じです。, 新車登録日から計5年間の走行距離無制限の保証による、更なる安心をお届けいたします。万が一、自動車を構成する部品に材質上あるいは製造上の不具合が発生した場合、5年間無償※で修理を行います。保証の適用にはボルボ正規ディーラーで法定点検をお受けいただくことなど一定の条件がございます。詳しくはディーラーにお問い合わせ下さい。, 幅広く取り揃えられたボディカラーと、あなたのライフスタイルをさらに充実させるために役立つ専用アクセサリーを組み合わせて、あなたの個性を映し出した完璧なボルボXC60に仕上げましょう。, プラグイン・ハイブリッドT8の秘めた性能を解き放つポールスター・チューニングと、その高出力を受け止めるパフォーマンスシャシーが、これまでのSUVの常識を覆すダイナミックなドライビングプレジャーを創出します。走ることの歓びと真髄を求める、知的な大人たちのために。北欧のハイエンド・パフォーマンス・SUV、待望のデビュー。, 圧倒的な走行性能と地球環境への配慮。相反する要素をどう両立させるか。ボルボのプラグインハイブリッドは、これからの高級車に求められる走行性能の新たな基準を示します。, 俊敏なレスポンスと伸びやかなパワーフィールドを実現した、新開発48Vハイブリッドシステムを搭載。先進の電動技術で、ボルボが世界に向けて新しい一歩を踏み出します。, 外見が美しく、シンプルで、機能的なボルボの北欧デザイン。各モデルのスペックや装備、価格など詳細な情報をご覧いただけます。, Reevoo社のレビューから、ボルボ・オーナー様の情報をお届けします。実際に購入したことを認証済の方からのみレビューを収集しており、各モデルそれぞれについてのお声をご覧いただけます。, 毎週100名様に1泊2日のモニター体験をプレゼント。快適な乗り心地を心ゆくまでご体感ください。, ボルボとの素晴らしい時間をあなたのものに。ニーズに応じた様々なプログラムを用意しております。, ※Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscriptionに標準装備、R-Designを除く他モデルにオプション設定, * Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscription、Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscription Expressionに標準装備, *自動(被害軽減)ブレーキは、ドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、路面や天候等の状況によっては作動しない場合があります。機能を過信せず安全運転を行って下さい。詳しくは店頭又はWebをご確認下さい。. 「goo自動車&バイク」では、V70(ボルボ)の中古車情報をお探しのあなたに、本日現在0台の中古自動車情報を提供しています。本体価格・年式・走行距離・車検・保証・修復歴・都道府県などの条件から絞り込み、お目当ての1台を探すことができます。V70(ボルボ)の中古車価格相場や、ライバル車比較などにお役立ていただけます。. 一部の240GLTにはV6ガソリンエンジンが搭載されていた。740のように最終桁の意味を落としたが、識別板上で不完全性になってしまった。1995年以降のモデルは2桁になっている。, ボルボ・カーズ、スピードの出し過ぎによる危険性を喚起するため、全車に時速180キロまでの速度制限を導入すると発表, https://group.volvocars.com/company/global-presence, http://www.volvocars.com/intl/corporation/FactsandFigures/Pages/default.aspx, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ボルボ・カーズ&oldid=79784040, VEA(Volvo Engine Architecture):新パワートレーン「Drive-E」シリーズとして展開する。「基本設計は2リッター以下・4気筒以下であること」「可能な限りガソリンとディーゼルで構造を共有すること」「将来的にハイブリッドやEVなどの電動化に対応すること」の3点を柱に設計されている。, 1980年代以降 - 国際競争力を強めるため、「200」シリーズの改良と共に、「700」「900」シリーズを発表する。. Copyright(C) 2020 Goo-net All right reserved. ボルボの室内空間は、ただの車のインテリアという感じは全くせず、オシャレな自宅のリビングや書斎のようなプライベート空間を想像させます。 ボルボxc60については内装の記事がございますので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

Copyright(C) 2020 Goo-net All right reserved. goo - 中古車 | 名古屋トヨペット(株) 矢作店の中古車一覧。名古屋トヨペット(株) 矢作店の店舗情報や店舗からのコメント、口コミ、ユーザーレビューなど。 オーナーの方へ. オーナー限定イベントや車検・点検ご予約希望の方はこちらをご覧ください。 詳しく見る. かつて「安全なワゴン」から「お洒落な高級車」へ. ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで! トヨタ アクア S 9インチSDナビ DVD フルセグTV アラウンドビューモニタ ドラレコ ETC LEDヘッドライト スマートキー クリーニング済 新車保証継承無料, トヨタ タンク カスタムG ナビ CD DVD ミュージックサーバー Bluetooth接続 ドラレコ バックモニター 両側電動スライド クルコン LEDヘッドライト アルミ スマートキー クリーニング済 新車保証継承無料, トヨタ サクシード UL-X 衝突軽減機能 SDナビ バックモニター ドラレコ キーレスエントリー クリーニング済 保証付 当社試乗車, トヨタ タンク G 衝突軽減機能 SDナビ CD バックモニター ドラレコ ETC 両側電動スライドドア  スマートキー シートヒーター クリーニング済 新車保証継承無料, トヨタ サクシード UL-X 衝突軽減機能 ナビ ドラレコ バックカメラ キーレス CD ETC クリーニング済 保証付 当社試乗車, ホンダ N-BOXカスタム G・Lターボホンダセンシング 衝突軽減機能 SDナビ CD DVD フルセグ バックガイドモニター 両側電動スライドドア LEDヘッドライト クリーニング済 新車保証継承無料, トヨタ タンク G S 衝突軽減機能 オーディオレス 両側電動スライドドア LEDヘッドランプ スマートキー クルーズコントロール シートヒーター オートライト クリーニング済 保証付, トヨタ タンク カスタムG-T SDナビ CD DVD Bluetooth接続 バックモニター ドラレコ 両側電動スライドドア LEDヘッドライト スマートキー アルミホイール, トヨタ プリウス Sツーリングセレクション 9インチSDナビ DVD フルセグ Bluetooth接続 バックガイドモニター LEDヘッドライト ETC スマートキー アルミホイール クリーニング済 1年間無料保証付, トヨタ ラッシュ X 2WD SDナビ DVD フルセグTV CD録音 Bluetooth接続 キーレスエントリー オートライト フォグランプ 車検整備付 クリーニング済 保証付, トヨタ ウィッシュ 1.8S SDナビ フルセグTV DVD CDレコーディング ETC バックモニター スマートキー アルミホイール クリーニング済 保証付, トヨタ ポルテ G CD キーレスエントリー 左側電動スライドドア シートヒーター フォグランプ, トヨタ アルファード 240G HDDナビ バックカメラ フロントカメラ DVD フルセグ 後席用モニタ 両側電動スライドドア 電動バックドア HIDヘッドライト ETC アルミホイール クリーニング済 1年間無料保証付, トヨタ ラクティス G 4輪駆動 SDナビ ワンセグTV CD バックガイドモニター スマートキー 内装クリーニング済 保証付, トヨタ プリウス S HDDナビ フルセグTV DVD バックガイドモニター ETC スマートキー オートライト機能 フォグランプ クリーニング済 保証付, スズキ アルト L 衝突軽減機能 踏み間違防止機能 CD キーレスエントリー クリーニング済 新車保証継承整備代込み, トヨタ パッソ X ユルリ SDナビ CD バックカメラ スマートキー クリーニング済 1年間無料保証付, スズキ キャリイトラック KX 4WD 踏み間違防止装置 AT車 パワステ エアコン パワーウィンド キーレスエントリー CD 新車保証継承整備代込み, スズキ ソリオバンディット ハイブリッドMV ドラレコ 片側電動スライド バックカメラ, 日産 ノート X 衝突軽減機能 ナビ CD録音 DVD バックモニター ETC スマートキー クリーニング済 1年間無料保証付. オンライン商品説明 ご利用キャンペーン.


オカモト サガミ 比較 4, Affinity Publisher 評価 5, 日テレtada マイリスト やり方 14, 最俺 小説 ヒラ 38, 埼玉県 ハンドメイド 委託販売 11, ヒプマイ ファン 民度 15, Youtube 怖い おすすめ 6, 堂本剛 ブログ うらら 11, 引っ越し は順調ですか 英語 12, ラスト オリジン の ミホ 21, ネイティブキャンプ アプリ 開かない 5, 最後の医者は桜を見上げて君を想う 映画化 キャスト 4, アイドル部 登録者数 少ない 22, いつき 名前 月 4, 東 鷲宮 病院 ドラマ 撮影 23, アーセナル 監督 歴代 13, 無垢フローリング ウレタン塗装 剥がし 5, Rtx1200 L2tp 接続 できない 16, I7 1065g7 Vs I7 10710u 4, ホームランド あらすじ シーズン2 5, Wordpress Facebook 埋め込み エラー 6, テレビドラマ 次郎物語 主題歌 7, Line ファイル 保存期間 4,